公務員保育士の求人とは

バナー

公務員保育士の求人とは

公立保育園で働く場合、保育士は公務員ということになります。

保育士免許を取得して登録を終えると、保育士になれます。


勤務先は保育園以外にも、相談所、学童保育、託児所、病院、児童福祉施設、乳児院、などがあります。



公務員は公的機関に勤務する人の意味です。

保育士の給料の情報サイトへお越しください。

公的機関には2種類あり、国の機関で勤務する国家公務員と、自治体の機関で勤務する地方公務員に分けられています。


公立保育園や公立の児童福祉施設で保育士として働く場合には、公務員とみなされるということです。

これに対して、私立の保育園や施設で働く場合には公務員ではありません。

公務員として働くためには、各自治体が行う保育士採用試験に合格しなければいけません。


各自治体によって受験資格や選考方法が異なるので、居住エリアの情報を調べておく必要があります。


毎年6~9月ごろに試験が行われていて、市役所や出張所で情報を確認することができます。


試験内容は、一次試験が専門知識と一般教養です。これに作文が追加されることもあります。

二次試験は集団行動観察、面接、ピアノ、適性試験、などが行われます。
体力試験がある場合もあります。

エキサイトニュースの情報が必要なタイミングで手に入ります。

公立は辞める人が少ないため、求人が少ない傾向にあります。

退職者が出た時のみ募集がかかります。
公務員ということで、地方公務員と同程度の優遇が受けられることから、人気が高い傾向にあります。

地域によっては倍率が高くて採用されるのが難しい可能性もあります。