保育士の求人が増える為の課題

バナー

保育士の求人が増える為の課題

保育士の求人は全国でも人手が足りない割には給与が低く、せっかく保育士資格を持った方でも給与が低い条件を理由に復職しないケースもあり、資格があるのにその職に就いていない「潜在保育士」という数が全国的にも多いです。
しかしながら待機児童や保育士不足で自治体も資格を持った人をいかに復職してもらえるかあの手この手で対策を練っている事が実情です。



ある自治体では一度職を離れてしまった方を対象に復職するにあたる実務での勘や知識の面でフォローは出来ないかと自治体を主催として復職講座や研修を開催している所もあります。

素敵なエキサイトニュースの情報を知りたい方必見です。

どうしてもブランクがあると勘がにぶったり勇気が入りますが、復職にあたって段階を踏む事で精神面でサポートしようとする取り組みは復帰したい人や研修先が保育所である場合は現場の生の声をフィードバック出来る為、自治体としても意見を活かしながら次回の講座にも役立てるメリットも持っています。


また、柔軟に働けるように雇用形態も正社員や派遣、パートなど幅広く用意し、家庭との両立をしながら復職できるように職場でも上手く労働条件を調整しながらなんとか保育士が継続して勤められるような配慮もしています。



しかしながら、利益を求めない運営でもある為、どうしても賃金の面ではまだまだ改善が行き届いていない状況でもあり、命を扱う職業だからこそ待遇面でも改善されるような動きをさらに求めないと根本的な人手解消にはつながらない現状でもあります。